千葉県野田市中戸のピアノ教室、せとピアノ教室です。ピアノを楽しむことを大切にしたレッスンを行っています!体験レッスン有り。子供から大人まで、初心者歓迎。関宿幼稚園、流山街道、中戸、桐ケ作、江戸川、利根川などの近隣です

第14回発表会『スプリングコンサート』を振り返って①

2016年3月27日(日)

13:30 開演。

第1部・オープニングは、高学年グループアンサンブル

①6人6手連弾「美しく青きドナウ」

②リレー連弾「ワルツ・ゴー・ラウンド」

どちらも春畑セロリさんのアレンジによるものです。

このグループは小5~中2までの計6人。

①は、6人がピアノの前にぎゅーぎゅー詰めに並び、立って弾きました。

②は、常に4人が弾いていて2人は待機。ソプラノ・アルト・テノール・バスのように4つのパートに分かれていて、バスを弾いてしばらくするとテノールのパートに移動して弾き、次にアルトのパートを弾き、最後にはソプラノのパートに移って、そして抜けます。

待機してから再びバスのパートを弾く‥‥

「ウイーンの森の物語」「南国のバラ」「皇帝円舞曲」のメドレー形式の曲です。

①②とも、原曲はヨハン・シュトラウス二世によるものです。

ウィンナーワルツをお楽しみいただきました。

次は、未就学の小さな生徒さんたちの独奏♪

『独奏は初めて』の生徒さんが多かったのですが、みんな立派でした!

2曲を暗譜(楽譜を見ないで弾くこと)で弾いてもらいましたが、途中で忘れてしまったりすることもなく、それどころかとても上手に弾いてくれました!

小さな身体で、小さなお指で、一生懸命弾いている姿は、いつもよりひとまわり大きく見えました。

独奏のあとは、やはり小さな生徒さんたちによるグループアンサンブル♪

後藤ミカ先生アレンジによる曲集『童謡ミラクル連弾 1巻』から8曲を生徒さんたちと連弾。
最後は「山の作曲家」(原曲:山の音楽家)を全員で。

私が作った替え歌を歌い、リズム打ちのところはカスタネットをたたきました。

ミカ先生のアレンジがとても面白く、また素敵で、聴きごたえがあったと思います。

この曲集は、ミカ先生ご本人から曲の説明やセコンドの弾き方を教えていただき、レッスンに童謡を取り入れている私としては、ぜひ発表会で取り上げたいと考えました。

プリモを弾く生徒さんは、すべてメロディを弾くのではなく、所々セコンドにメロディが移るので、その時は生徒さんは伴奏を担当です。
セコンドの私が弾くメロディを聴きながらそれに合わせて伴奏を弾くことは、小さな生徒さんたちにとって難しいことです。

完成形の見本の演奏動画を作ってYouTubeにアップし、生徒さんのお母さまたちにURLをお知らせし、それを見たり聴いたりしながら練習をしてもらいました。

おかげで、早いうちに弾けるようになり、本番でもいい演奏をしてくれました!
第1部はこれで終わり。次は第2部です。

つづく‥‥


第14回発表会『スプリングコンサート』が無事に終わりました!

昨日(3月27日)、せとピアノ教室第14回発表会『スプリングコンサート』が無事に終わりました。

頑張った生徒さんあかたちをはじめとして、保護者やご家族の皆さん、聴きに来てくださったお客様、ゲスト演奏くださった田邊喜美子さん、カップスのために曲を作ってくれたMくん、そして私の家族に心より御礼申し上げます。ありがとうございました!

生徒さんたちはみんな頑張ってくれました!

運営上の反省点は多々ありますので、次回に活かしていきたいと思います。

発表会の記録として、今後少しずつブログにアップしていきます。

コンサート中は無我夢中ですので、書くことによって、あらためて整理されていきます。


発表会のリハーサル♪

せとピアノ教室発表会・スプリングコンサート本番まであと1週間となりました。

今日は、本番と同じいちいのホール・小ホールをお借りしてのリハーサルを行いました。

今回は、みんなで一緒に連弾や合奏をすることが多くて、合わせるのが大変です。

学校だったら朝や昼休みや放課後に毎日練習できますが、それはできません。だからと言って毎週土曜や日曜に練習に来てもらうのも申し訳ないです。

なんとか通常のレッスン時間で個人練習をやり、全員での合わせ練習は、今日で2回め。

でも、前回はやらなかったこともあります。

低学年グループのベルアンサンブルは前回できず、今日が初めての合奏でした。

一人ひとりはできていたのに、合わせると‥‥

理由がわかりました。1人の時は、他の音を私がピアノで弾いてるので、テンポどおり、拍子どおりに鳴らせるのです。
でも、みんなで合わせると、誰1人ミスなくできればよいのでしょうが、1か所誰かがウッカリミスをしてしまうと次に続かなくなるんです。

「聞こえてくるはずの音が聞こえなくても、聞こえてるつもりになって鳴らしてみよう!」

と、何度も繰り返し、練習しました。

ベルは、結局その曲全体をわかっていないと鳴らせないんですよね。

最後には、ミスもありましたが、拍子を感じてみんなが自分のベルを責任もって鳴らせたので、ホッとしました。

途中でズレていって音がなくなってしまうのが一番こわいです。

なんとかあと1週間で自信をもって演奏できるように頑張りましょうね!

リハーサルをやったおかげで、いろいろ見えてきたものがあります。

生徒さんの動きもですが、私たちスタッフがどう動くか、何をするか、何が必要か、どのように生徒さんの誘導をするか。

いちいのホールの小ホールは、コンサートをするには動きにくいホールです。

舞台袖もないですし、客席から見えないように舞台の反対側に行ける通路もありません。

ですから、事前にしっかりスタッフの動きをイメージし、ココに○○さんがいて、アチラには○○さん、コレをした後はアレをして‥‥

と綿密に計画しておく必要があるのです。

あと1週間。

生徒さんたち一人ひとりが輝ける1日になるように。

思い出に残るコンサートになるように。

自分をほめてあげたくなる成功体験になるように。

準備を精一杯頑張ります!

本番の演奏は、生徒さんたちに頑張ってもらいます!

生徒さんたち、ご家族の方々、今日はお疲れ様でした!


今回の発表会は三部構成にします♪

今回の発表会は三部構成にすることにしました。

生徒さんが増えたおかげで、アンサンブルグループを3つ作ることができたことと、三部に分けることによってソロ演奏も分けることができるからです。

ソロがあってアンサンブルがあって、ソロがあって‥‥と、楽しいコンサートになりそうです!

さぁ、そうと決まったら、プログラムの原稿づくりに取りかかります(^o^)/


10 / 228910111220