千葉県野田市中戸のピアノ教室、せとピアノ教室です。ピアノを楽しむことを大切にしたレッスンを行っています!体験レッスン有り。子供から大人まで、初心者歓迎。関宿幼稚園、流山街道、中戸、桐ケ作、江戸川、利根川などの近隣です

教室のブログ

夏の教室イベントは「小学生グループレッスン」

今年の夏イベントは、グループレッスン♪

小学生の生徒さんが対象で、レッスンの一環として行なうものです。

1・2年生、3・4年生、5・6年生

と、3つのグループに分けて行ないました。

内容は大きく二本柱。

ひとつは、

トライアングルのたたき方を知り、曲に合わせて即興でたたく

*一番きれいに響くのはどこかな?

*どのくらいの強さでたたく?

たたけば音が出るところはピアノと同じです。

そして、

[トライアングル]たたく前は、トライアングルのすぐそばにビーター(棒)を準備しておく→→→

[ピアノ]弾く前に指を鍵盤の上に準備しておく

[トライアングル]たたいた直後に手の力を抜いてビーターをトライアングルから離す→→→

[ピアノ]弾いた直後に手首を上げて手の力を抜く

と、共通点があります。

打楽器を学ぶことは、ピアノを弾くことにも活きてきます。

そして、即興。

こういうリズムでたたかなくてはいけないという決まりはなく、聴こえる音楽に合わせて、自ら考えてたたく。

こういう楽しみ方も音楽にはある、ということを経験してもらいました。

すでに3つのトライアングルを持っていたので、6つ買い足しました。

 

もうひとつは、

ポリフォニーを、鍵盤ハーモニカを使って学ぶ

ポリフォニーとは、多声音楽のこと。

鍵盤ハーモニカを使い、二声の曲に挑戦!!一人ひとつの声部(パート)、2つのパートに分かれ、自分のパートのメロディを吹きながら、もうひとつのパートもよく聴く。

〈2つのメロディを同時に聴く耳を育てる〉

ことが目的。

そして、鍵盤ハーモニカを使うメリットは、〈息を使う〉こと。

すし詰め状態で、生徒さんたちには申し訳なかったです。

そのほか、

☆2拍子・3拍子の即時反応

☆リズム創作&リズムリレー

☆楽譜のまちがいさがし

などをやりました。

今回のグループ分けは、発表会の時と同じなのですが、事情があって発表会に出られなかった生徒さんや、発表会後にご入会された生徒さんは、「はじめまして」でした。

それでも、和気あいあいと楽しい時間を過ごせました。

暑い中、送り迎えをしてくださった保護者の皆様に、感謝です☆


最新のレッスン空き枠♪

2018年7月現在のレッスン空き枠は、下記の通りです。

【火曜日】19:30

【水曜日】16:00/17:00/18:30/20:00

【木曜日】20:00以降

【金曜日】15:30/16:00/18:00

ご参考になさってください。


発表会のDVDとスナップ写真をお渡ししています♪

発表会から2ヶ月半ほどたってしまいました。

DVDとスナップ写真が出来上がり、先週末届きました。

月曜日の生徒さんからお渡しを始めています。

大変お待たせしてしまい、スミマセン。

DVDは、ぜひご家族で上映会をして、楽しんでくださいね♪


グループレッスン[2]〜6月〜

6月の最後の日曜日は、グループレッスン。

中学生グループはお休みだったので、小学生グループのみ。

前半は『たなばた♪』の歌を教材にして、

○歌う

○補足リズムをたたく

○弾く(初見奏→伴奏データの音源と合わせて弾く)

○移調奏(ランダムに選んだ調に移調して弾く)

【補足リズム】をたたくことによって、歌(曲のリズムがハッキリしてきます。

 

♪さ✖️さ✖️の✖️は✖️さ✖️ら さ ら✖️✖️✖️

♪の✖️き✖️ば✖️に✖️ゆ✖️れ✖️る✖️✖️✖️

♪お✖️ほ し さ✖️ま✖️き✖️ら き ら✖️✖️✖️

♪き✖️ん✖️ぎ✖️ん✖️す✖️な✖️ご✖️✖️✖️

この✖️の所で手をたたきます。

さらに、歌詞のあるところで足踏みをするのを加えます。

リズムは、頭で考えるより、身体を使って感じた方が、より明確になります。

すぐにできた生徒さん、なかなかできなかった生徒さん、それぞれでした。

そのあとみんなにピアノで弾いてもらったのですが、ゆっくりのテンポで弾いた生徒ちゃんとても弾きにくそうに弾いていたので、補足リズムをたたいてあげたら、突如じょうずになりました。

補足リズムは、要は『ビート』を常に感じるためのもの。

来月は、全小学生の生徒さんたちを2学年ごとのグループに分けての『夏休みグループレッスン』を行ないます。

そこでもこの『補足リズム』を取り上げたいと思います。

 


3 / 10412345102030