千葉県野田市中戸のピアノ教室、せとピアノ教室です。ピアノを楽しむことを大切にしたレッスンを行っています!体験レッスン有り。子供から大人まで、初心者歓迎。関宿幼稚園、流山街道、中戸、桐ケ作、江戸川、利根川などの近隣です

レッスンは楽しいもの♪

先日、ラファエル・ゲーラ先生のプライベートレッスンを受けました。

カプースチン作曲「シンフォニエッタ」より第4楽章『ロンド』

プリモ担当の友人と一緒にレッスンを受けることができました。

昨年11月のオータムコンサートで弾いた曲です。

今年10月に友人の地元の音楽家協会の定期コンサートでも弾くことになりました。

今月9日の野田市でのコンサートの練習のスキマ時間にこちらの曲も練習をしていました。

9日のコンサートが終わり、こちらの曲に専念。翌週の14日にトコちゃんと練習しましたが、弾けないところがたくさん

腕の動きは覚えているのですが、指1本1本の動きは忘れてしまっています、というか、速さに指がついていけない。

右手が和音だらけで常に3つ4つの音をつかむのは、しかも臨時記号だらけだというと、なかなか難儀です。

14日の合わせ練習の反省を踏まえて、昨夜までの1週間はさらに頑張りました!

さて、レッスンでは、プリモの友人もセコンドの私もたくさんのアドバイスを受けました。

クラシックとジャズを融合したようなこの曲ですが、私たちの演奏はかなりクラシック寄りだったようです。

特に私が弾く左手はベースの役割。

この曲の基礎となるリズムを担っています。

ジャズのリズムの取り方はこうでしょう、と弾いてみてくださり、アドバイスをいただきました。

他にも、

「2人の音楽の感じ方が違っている」

「そのメロディはサックスのように」

などなど。

わー!音が変わってきたー!

リズムが変わってきたー!

音楽に流れが出てきたー!

弾きながらウキウキ・ワクワクしてきました!

これからしばらくはしっかり個人練習してこの弾き方をマスターしたいです。

学生の頃は、レッスンは「楽しい」より「緊張」「不安」の方が大きかったですが、大人になってからのレッスンはとにかく楽しいです!

心持ちが違うのだと思います。

中学校から大学までは音楽学校でしたから、ピアノはもはや趣味ではなく、やらねばならないこと。

受け身でした。

今、ピアノはやりたいこと!

やりたいことを教えていただくことはとても楽しいことなんです!

ウチのお教室の生徒さんたちにも、私と同じように

「レッスン楽しい!」

って思ってもらえたら嬉しいです♡

それぞれの生徒さんに必要なことを的確にアドバイスできるように、私自身の演奏技術や音楽の知識、指導力など、精進して参りたいと思います。

 


6月26日はリトミック中級コース第2回でした

今日は、リトミック中級コース研修会の第2回でした。

昨年度の初級コースは9:45〜13:00でしたので、午後からの時間を有意義に使えましたが、今年度の中級コースは、13:30〜16:45です。
出かける前の時間では大して何もできず、研修会が終わると一目散に帰宅し、夕食の支度をしなければなりません。

結局丸一日つぶれてしまうのがなんとも残念です。

とは言っても、研修会では毎回たくさんのことを学べています。

前半は【リズム】です。

ステップを踏んだり手をたたいたり、リズムを身体で感じ、表現します。

これは、普段のレッスンでも使えますし、来月から始まる[ソルフェージュグループレッスン]で大いに使える内容です。

そろそろグループレッスンの準備を始めるのですが、いいアイデアをたくさん学んだので、参加される生徒さんたちは、楽しみにしていてほしいです。

後半は【ティーチング】

中級コースは2歳児の指導法です。

2歳のお子さんはどのくらいのことができるのか、できないのか。

どんなことが好きなのか。

2歳児さんの特ちょうを含めて、どんな風にレッスンを組み立てていくか、どんな声かけをしたらいいのか、丁寧に教えていただきます。

頭フル回転

音楽に合わせて身体を動かす

終盤になってくるとかなり疲労してきます。

そんな時に、ウサギになってピョンピョン跳ねたり、馬になってパッカパッカのステップをしたり。

息切れしてきました(笑)

体力をつけないといけませんね!


石嶺尚江先生の継続セミナー[シーズン2]

昨日・月曜日は、石嶺尚江先生の継続セミナー[シーズン2]の第2回。

前回に引き続き、「ブルグミュラー25の練習曲」のレクチャーです。

ピアノ学習者なら必ず通ると言っても過言ではない教本です。

昨日は、6番「進歩」~14番「シュタイヤー舞曲」でした。

ウィーン原典版の楽譜で教えてもらっています。

普及版と比べると、強弱や指づかい・アーティキュレーションなど違っているところがたくさんあります。

指づかいなどは、生徒さんの弾きやすい方を提示してあげることができますね。

ブルグミュラーのことやその時代背景のお話はとても興味深いです。

タイトルから受ける印象の画像を見せたり、的確な言葉がけをして、生徒さんにテクニックや表現力を身につけてもらいます。

石嶺先生、お話が楽しくて、時々みんなお腹を抱えて大笑い(*^◯^*)

しっかり復習しないと!

キティ先生手作りのランチ
ごちそうさまでしたm(__)m

 


レッスングッズ《ゆび人形》を製作

長女のリクエストで、おとといIKEAに行って来ました。

私もほしいものがあったので、ちょうど良かったです。

お目当のもの、それは《ゆび人形》。

先月の5日、『藤原亜津子先生を囲む会』の時に、藤原先生が見せてくださった《ゆび人形》は、体験レッスンや導入期の生徒さんに使ってもらうレッスングッズです。

すぐに同じものを作った先生がFacebookに投稿していました。

聞くと、IKEAで買ったゆび人形がちょうど家にあったのだそうです。

私もIKEAに行きたい~!と思っていたので、娘のリクエストはちょうどよかったのです。

ゆび人形、あったあった{/m_0137/}

帰宅して、手袋のゆび部分をゆび人形に縫い付けました。

image

あと4体ありますので、何かに使える時のためにとっておきます!

 


4 / 162345610