千葉県野田市中戸のピアノ教室、せとピアノ教室です。ピアノを楽しむことを大切にしたレッスンを行っています!体験レッスン有り。子供から大人まで、初心者歓迎。関宿幼稚園、流山街道、中戸、桐ケ作、江戸川、利根川などの近隣です

施設でのクリスマスコンサート♪

先日12月17日は、今年3回め、というか今週3回めのクリスマスコンサート♪

【野田市音楽を楽しむ会】でいつもお世話になっているヴァイオリニストの上原さんにお声をかけていただき、ピアノ伴奏をさせていただきました。

上原さんのお知り合いの方のご紹介で、施設でのコンサートです。
オープニングはエルガー作曲「愛の挨拶」。エルガーが奥さんにプロポーズした記念に作った曲です。

その後、冬の曲として「ペチカ」。1番と2番はヴァイオリン、3番はピアノソロ、4番はチェロでの演奏。

そのままチェロの名曲・サン=サーンス「白鳥」。

タンゴ「Por una Cabeza 」は、前半チェロ、後半ヴァイオリンに持ちかえて、客席を歩きながら演奏。

次はやはりクリスマスの曲。

マスカーニ作曲オペラ「カバレリア・ルスティカーナ」より「間奏曲」は、のちに『マスカーニのアヴェマリア』と呼ばれる美しい曲です。

そして定番「ジングルベル」。
お客さまにもスズを配ってお手伝いいただきながらの演奏。

ここからはみなさんおなじみの曲。

まずは華やかでカッコいい「暴れん坊将軍オープニングテーマ曲」

続いて懐メロ「青い山脈」や「川の流れのように」は、お客さまも口ずさみながら大変盛り上がりました。

プログラム最後はヴァイオリンの名曲・「チャルダッシュ」

アンコールとして「見上げてごらん夜の星を」。

そして最後は、ヨハン・シュトラウス作曲「クラプフェンの森」。

ひと足早く新年のごあいさつらしい曲。カッコウの鳴き声を水笛で吹く面白い曲です。もちろん水笛は上原さん。
ヴァイオリンを弾いたり水笛を吹いたり大忙し。お客さまも大喜びでした!

全部で12曲。

お客さまたちが楽しんで聴いてくださっている雰囲気がとても伝わってきて、それがとても心地よくて楽しかったです。

こんな機会をくださった上原さんには感謝です。

img_2111 img_2110 img_2106 img_2102 img_2093


ギロックランチタイムコンサート♪

昨日は、ますこしょうこ先生の御宅のMホールで、【ギロックランチタイムコンサート】が開催されました。

企画はキティ先生。東京ダウンタウン支部の杉山真衣子さんのピアノとキティ先生のパンのコラボです。

昨日の朝はものすごい雨で、びしょびしょになりながら伺いました。

柏ギロ友のメンバーを中心に30名以上が集まりました。

ギロックの曲の他に、スクリャービンやドビュッシー、サティなど近現代の作品を弾いてくださいましたが、どの曲もとても素敵な演奏でした。

演奏後はキティ先生お手製の数々のパンをいただきながらしばし歓談。

帰る頃には雨もやんでいました。

とても素敵な時間を過ごさせてもらいました♪


辻井伸行 音楽と絵画コンサート♪

2日、お友達の出口先生と一緒に

『辻井伸行 音楽と絵画コンサート』

を聴きに東京芸術劇場へ出かけてきました。

8月26日にオーチャードホールで聴いた

『THE PIANIST』

の時のように、ステージ後ろの大きなスクリーンに絵を映しながらの演奏。

前半は、辻井さんオリジナルの作品を、トークを交えての演奏♪

♪美の巨人たち オープニングテーマ
♪川のささやき
♪ロックフェラーの天使の羽
♪セーヌ川のロンド
♪風の家
♪ヴェネチアの風に吹かれて
♪コルトナの朝
♪ジェニーへのオマージュ
♪美の巨人たち エンディングテーマ

幼少期の写真や曲にゆかりの場所の写真、そして、ピサロ・シスレー・カイユボットの絵画にガウディの作品がスクリーンに映し出されました。

休憩をはさみ、後半はクラシック。

ドビュッシー

「2つのアラベスク」
「夢」
「月の光」

ラヴェル
「亡き王女のためのパヴァーヌ」
「水の戯れ」

ショパン
「バラード第1番」
「英雄ポロネーズ」

ルノワール・ドガ・ルドン・クレー・モネ・フェルメールなどの絵画が映し出されました。

〜〜アンコール〜〜

ショパン
「ノクターン第20番 遺作」

辻井伸行
NHK大河ドラマ「真田丸」エンディングテーマ曲

リスト
「ラ・カンパネラ」

演奏が素晴らしい上に、絵画も楽しめて、とても楽しいコンサートでした。

鳴り止まない客席からの拍手に、最後は、ピアノのふたを閉めてステージを後にされました。
ところで、ご本人談ですが、この東京芸術劇場ではオーケストラとの共演は数多くあるけれど、ソロでの演奏は初めてとのこと。

おお〜!立ち会えて光栄です✨


第14回東京音楽コンクールを聴きに行きました♪

先日8月28日は、第14回東京音楽コンクール【ピアノの部】の本選を聴きに、長女と一緒に上野の東京文化会館へ。

image

コンクールの本選を聴くのははじめてです。

ファイナリスト4人の中に、長女のお友達がいます。

彼・西村翔太郎くんは、長女の高校時代の同級生。

なので、私もこれまで何度も西村くんの演奏を聴く機会がありました。

今日の本選は、ピアノ協奏曲です。

指 揮/渡邊 一正
管弦楽/東京フィルハーモニー交響楽団

演奏順は

1番 開原 由紀乃さん
ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調

2番 木本 秀太さん
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番

3番 西村翔太郎くん
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番

4番 チョン・キュビンさん
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番「皇帝」
なんと贅沢な時間でしょう〜♡

一度に4つのピアノ協奏曲が聴けるなんて♡

どなたもさすがファイナリスト、素晴らしいなんて言葉では言い表せないほどの演奏で、感動しました。

5時から始まり、終わったのはほぼ8時です。

審査員の先生方がテクニックや音楽的なことで順位をつけるのとは別に、私たち観客が気に入った演奏者を選ぶ「聴衆賞」というのがあります。

私と長女はもちろん西村くんを選び、用紙を提出しましたが、その時数名の方の用紙が見えてしまいました。

その数名とも西村くんを選んでいました!

西村くんの演奏が終わった時、ものすごい大きな拍手とブラボーの掛け声がたくさんありましたので、お客さまの心を掴んだかなと思っていました。これはひょっとして‥‥
45分のちに審査発表があり、結果は以下の通りです。

image

西村くん、惜しい!2位でした。

でも予想通り聴衆賞を獲得しました!!

おめでとうございます(*^◯^*)

来年1月9日には、ピアノ部門・金管部門・声楽部門の覇者によるコンサートがあります。


2 / 151234510